2010年5月アーカイブ

バックアップをかねてメモ。
む、画面に表示される名称のため、実際のアプリ名とは異なる気がする。

Informant
SpeedText
支出管理
乗換案内
TwitBird Pro
iHOTSPOT
そら案内
MobileRSS
駅.Locky

i英辞郎
ウィズダム
類語新辞典
大辞林
Framework
Wikiamo
食べログ
Evernote

今日は何の日
ハピデコ
開運般若心経
MailMe
PianoMan
ナイショ! → 惰性
BB2C → 惰性
PhotoPainter → 手描きで絵を書きたい時のアプリが欲しいが無いので、、、作るしかないの??
年号電卓
Gravilux → 近く削除
Final Fantasy → 惰性で入れてるだけ、近く削除


Biz誠
SysStatsLite
新着MMS
Q Calendar
GoodReader
ITmedia
Skype
Sleep Cycle
クックパッド
Calc

Time → iPhoneの内部時計狂い過ぎなので。どんだけ安い水晶なのか、ノイズが多いのか。。。
Currency → 海外旅行の時に超便利
WifiTrak
Koredoko → OS4で使えない
変換くん
j.i.c → OS4で使えない。。。
weathernews → そら案内で代替
Y!地図 → GoogleMapではビル名とか施設名の建物情報が少ない、知りたい時に利用。

Book&Dic
Hello Tim 1
Hello Tim 2
Hello Tim 3
MurphyRulez

Shazam → 認識率が昔に比べて落ちた、、、気がする
SimpleMindX
QuickMark
MediaMarker
TuneWiki
えいご上手 → 惰性
KeitaiEmu
FastFinga → OS4で新規ノートが作れない
SaruTemplate → 過渡期

World Fact Book
WorldView
SugarSync → Freeでは2台までの同期なので困るなぁと、Win・Mac・iPhoneだと3台。。。

MAC謎多過ぎ

| コメント(1538) | トラックバック(0)
なぜに、これほど謎機能が多いのか理解に苦しむ。

1)ショートカットがシステム環境設定とリンクしていない
  →説明何も無し。ちなみにAppleページのFAQでも間違って紹介されている。。。
2)Helpに必要な情報が少なすぎる
  →結局Appleページへ先導される。が、情報が少なすぎる。。。なんなのこれ?
3)ショートカットの説明が無い
  →Helpに記載なし。メニューにも記載なし。Apple Webページにも記載なし。
     一部はありますが、限定的。
     もしかすると、マウス操作限定で存在しないのかもしれないが、指をキーボードから離す行為は
     非効率だと思うため、苦しむ。
4)標準IME(ことえり)が使えなさ過ぎる
  →Windows 95時代のMS-IME並に使えない。変換率が悪すぎて驚愕した。。。
     すわっAtok購入か!と思いきやGoogle IMEを入れて、持ち直し。
5)文字入力のカーソルが非表示になることが多い
   →Text Editor、Webの入力欄など、各種入力欄で、入力カーソルが表示されず、修正箇所の合わせがし辛い。
      行末に追記したい場合、Windowsの場合は、行末以降のWindow端以前の空白にマウスを当ててクリックすると
      行末に入力待ち状態のカーソルが当てられるが、Macはそんなことはせず、局所的にマウスで
      クリックする必要がある。

結局の処、Macはブラックボックスで良い人向け、だと思える。
難しいことは抜きに、言われた通りに従いまする、という感じ。
故に、プログラマー系の人よりも、アーキテクト系の人に人気なんだと思う。


と、悪い面ばかりだとアレなんで良い面も記載。

1)Spotlight便利
    →Google desktopの導入不要なのは良いけれど、設定が雑なので不便とも言える。
2)箱のデザインは素敵
    →なんとなく洗練された感は漂っている。都会っ子な感じ。

ぐらい?
リストアできず。

どうもBaebandエラーというのが出ていたのはBeta3だからだと思っていたら違う模様。
それを強制リストアとかいろいろやったからでしょうか。。。

うーSMS/MMSもアドレス帳も戻らず。

涙が出そう。
吉田くんの麺を食べたいなぁと。

http://taiyo-tomato.com/news/2010/100427.html

OS4のbeta3から3.1.3へ戻すのに、半日かかった。。。

beta2からは直ぐに戻せたため、あまり気にしなかったのに、とんだ時間の浪費をしてしまった。

問題は参照していたページが嘘だらけだったということ。

beta2の時に実施していたため、なんとなくコマンドが同じで信じてしまい、確認忘れたのかいけませんわ。

・嘘情報ページ(SIRIZさん)、コマンドが違いますわ。。。
http://blog.siriz.net/60

・本当ページ(ナカヤマさん)
http://infortia.wordpress.com/2010/04/15/iphoneos4t3-1-3%E3%81%AB%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95/

ちなみに、本当ページリンク先の英語ページにもうちょい詳細な手順が記載されています。

今回はリストアを繰り返していたためか、ナカヤマさんページ手順では上手くいかず。

1)リストア(macの場合もとのOS/Firmwareはユーザー/ライブラリ/iTunes/iPhone Software Updatesの下にある)
2)iRecovery(exitまで)
3)iPhoneのUSB抜く
4)iPhone電源断&入れ(これで超素iPhone起動)
5)iPhoneへUSB接続(iTuensでバックアップリストア〜)

beta3の余談
・カメラは使えた、でもシャッター音が大きい!日本の携帯並。小さくもできなかった。
・evernote同期できず、wizdom日本語表示されずは依然。
・xcodeのOrgazizerでも復活できました。

復元の余談(バックアップから復元できるもの&OS4へ引き継げるもの)
・SMS/MMS
・大辞林、i英辞郎の履歴
・ブラウザブックマークとか
・メールデータ
・設定データ
・写真
・乗換案内履歴
・FastFingaデータ
・IHOTSPOTデータ
・Shazamデータ
・SpeedTextデータ
・そら案内設定
・食べログデータ
・FF1のデータ(なんでだろ?)

ダメなもの
・Evernoteデータ(ユーザ情報も)
・QuickMarkデータ(設定も)
・TweetMeデータ(設定も)

ちなみに、OS4中のバックアップデータはOS3には利用できません。
いやはや残念。
で、その場合、SMS/MMSデータと写真が復元できないです。
写真は他にバックアップできますが、SMS/MMSはできないので要注意です。

とりあえずMediamarkerに登録してみた。
ダンボール、押し入れとハノイの塔を全部登録して761冊。。。
まだ本棚は未着手でこの状態とは如何なものか。

よく溜め込んでいたと思える量に我ながら驚き。

当面の目標として、1/3目指して減らしますかぁ・・・
が、面倒過ぎる。

というのも、Quickmarkの1次元バーコード読み取り機能が、
素早すぎて、ISBNではなく、JANコードを読み取る。

あーもう面倒くさい。

さらに、個別登録なので、数百冊ある自分として時間がかかる。

ちなみに、連続登録は、MediamarkerのISBN登録ページソースを見て、Getアクションを真似ればよい。